20代の頃までは少々食べ過ぎても体型を維持できていたのですが…

20代の頃までは少々食べ過ぎても体型を維持できていたのですが、30歳を超えた頃から食べたものがそのまま体重と体型に反映されるようになりました。

だけど甘い物断ちは辛いですよね。

(大好きなんです!)ですから我慢せず、且つ体重を増やさない為に、甘い物は一日1品、お昼ご飯前までに摂取するというルールを作りました。

カロリーは度外視して、数で決めています。

ですから、甘さ控えめのわらび餅でも生クリームたっぷりのケーキでも、1品は1品なのです。

チョコスナックみたいなのだったら一袋も食べていい範囲にしています。

だけどお徳用パックなどは許容範囲を超えるので、半分とか、1/4などの調整はしています。

お昼までに口にしているので、キチンと満足感がありストレスフリーですし、カロリー縛りではないので計算も不要で、毎日楽しみたいスイーツをチョイスできます。

その上、エクササイズなど意識的に行わなくても、家事などをしてるだけできっちりとエネルギーを燃焼できるので、体型維持できるようになりました。

また夕方などにチョコなどに手を出したくなった時は、人口甘味料入りの紅茶などを口にして、やりすごしています。

女の人だったら誰だって多少の差はあれど美容に気を使ってるはずです。

近ごろは男性だって「美」を求めていて脱毛したりネイルをしたり。

「ヘアサロン」にしても一ヵ月に一度のスパンで足を運ぶ男の子もたくさんいます。

もう切るところないんじゃない?と疑問に思うほど短めの髪型の男子が頻繁に美容院通いするのをみると美意識の高さにビックリしてしまいます。

頭を部分染めや全体染めしている男の子も多くなってきましたね。

自分は爪先に気を遣っています。

顔の「お化粧」も必要なことですが、外出前に手がけた化粧はいつでも目に入るものではありません。

日によってはどんなメイクをしたか忘れているなんてことも・・・。

しかしネイルなら絶えず目に入る場所にあります。

この「自分の目で直接確認できる」というのが重要。

美しい指先を見る度にウキウキします。

それで、次はどんなネイルにしようかとますますウキウキしたり・・・。

こういうささやかな美容への欲が女性をきれいにすると思います。

あたしは元々脂性の肌でにきびができやすい肌質です。

とくに生理になる前は、額や鼻の周辺にニキビが出来やすいです。

ですから、洗顔にはいつも配慮をしています。

朝と夜の2回の洗顔時に、石鹸をしっかり泡立てて、やみくもに洗うのではなく、入念にマッサージするように洗います。

洗い流す時はぬるま湯で、洗い落としがないように鏡で確認しています。

洗顔の後に、ローション、美容液、クリームを塗りますが、オイリー肌なので、さっぱりタイプのものをなるたけ使うことにしています。

塗るときには、指の雑菌が肌に触れないように、コットンに取ってから塗っています。

にきびが出来ている時は、化粧水などがしみる時もあるので、いつもより薄めにつけるようにしています。

日々のスキンケアと同様に、睡眠時間と食生活にも気を配っています。

睡眠時間は少なくとも6時間は確保するようにしています。

食事の方は、脂っぽい料理は控えるようにして、野菜中心のメニューを食べるようにしています。

これを習慣的に行うだけで、肌の具合が少しずつ良くなってきました。

多忙な時はついつい怠ってしまいがちですが、この先も気をつけていこうと思います。

1年を通して日焼けをしないように

1年を通して日焼けをしないように注意していますよ~。

むかしは親や祖父母から太陽の光に当たるようにいつも言われていましたが、近頃はそんな話は聞かなくなりましたね…。

以前はオゾン層が壊されていることは誰も言いませんでした。

日光浴をする時間を作らないと皮膚の中でビタミンDを生成できないとか、貧弱な子になっちゃうよ!とよく注意されていたものです。

40分くらいでも紫外線を浴びることは体に良いからやりなさいと言われ、その通りやっていた子供は多かったです。

その積み重ねが肌の染みになって現れてきているのかな…と私は考えているのです。

やはりオゾン層が壊されていても壊されていなくてもせっせと紫外線を浴びることは間違いだったということです。

美容面を考えたら太陽に当たることはプラス面より欠点のほうが大きいはずです。

これからでも何もやらないよりはいいと思い直射日光に当たらないようにしています。

暑くてもプールや海には行きません。

スポーツをする場合はいつも屋内スポーツです。

美容に関して必要なのは、大変な事を行う事では無く生活スタイルや小さな配慮です。

自分自身が基本にしている要素は、十分な睡眠をとる事とストレスを蓄積しないこと。

睡眠は、良好なお肌とカラダを元気にさせるために欠かせないものです。

もっぱら、夜10時からの肌のゴールデンタイムに良い眠りをする事がお肌の為になるのです。

眠りというのは、休息をとらせる為だけじゃなくお肌の新陳代謝の循環を良くし、美しい肌を作り出すためにも重要な役割をしています。

質の良い眠りの為に、お肌につけるアロマバームを付けると良質な呼吸になり穏やかな気分になります。

加湿にも注意して、肌やのどを乾燥させないようにしているのです。

それと、イライラも美容にとってはよくありません。

イライラが募ると表情にも悪影響を及ぼし、周りの雰囲気を悪くします。

変なところに力が入り肩や首が凝ったり、つい表情に出てしまいしわの元になってしまうのです。

なるべくイライラしないようにして緊張を緩めて朗らかな表情で過ごすことが美容に関して大事なことだと思います。

基本的に暇もなく美容費も掛けられないので、楽でなおかつ低コストな全身美容術を実践しています。

はじめに、私が紹介したい美容ケアは、オールインワンの基礎化粧品です。

色んなのを用いるのも、買い求めるのも手間だし、つけるのも面倒なので、多機能ゲルを使っています。

顔を洗い終わったら、これだけで肌が潤います。

それと、睡眠時間です。

睡眠不足だと疲れが取れないので、夜更かししないようにしています。

状況次第では二十二時すぎには、寝ることもあります。

素肌のターンオーバーにも係わってきますし。

起きていたら、口寂しくなってきて夜食を摂っちゃったりすると胃に負担も掛かるので夜更かししないようにしています。

あとは、薄化粧にしています。

外出予定のない時は、オールインワンゲルと日やけ防止剤のみにします。

外出予定がある時は、UVカットのクリームの上からBBクリームと薄くファンデを塗って、アイラインなどを入れて終了です。

厚塗りすると、肌負担も大きくなりますし、落とすのも面倒になるし刺激も大きくなるので、できる限り薄くしています。

我が家で労力や出費を伴わず行える美容術

「美容」っていうと、エステティックや痩身マッサージやなんかと、金額や面倒臭さをイメージしてしまい、私には金銭面や時間の面で無理、と断念したりするのは残念です。

我が家で労力や出費を伴わず行える美容術はかなりあるのです。

綺麗を保つと外面に限らず、メンタル面も安定していられます。

ですから、数ある手軽な美容術のなかでも特に簡単で、それのみか全然費用の掛からない美容術を教えちゃいます。

それは、絶えず鏡でジブンの「顔」や「体」を点検するという方法。

体型が崩れてきたり、お肌が荒れてきたりしてくると、じっと見ることはイヤになりますが、そんな時も思い切って直視するのです。

風呂場に姿見が設置されているなら、おフロの時に忘れず全身の確認をするように心掛けます。

計るだけダイエットなどと同様のしくみで、現在の姿を把握する事により、過ごし方を見直すことができるようになります。

少々お肉が付いてきたかなとか乾燥肌の兆しがあらわれても、いつも鏡を見ていれば即座に認識でき、早いうちに対処することができるので、良い状態に戻しやすいのです。

体重減少を目指している時も、外見がスレンダーになってくるとテンションが上がるし、ダイエット中の食生活などでお肌の状態が悪くなってきてしまったらダイエット方法を見直す助けとなって、偏りのないシェイプアップに結びつきます。

これだけ行っていれば完璧だ!というものではありませんが、毎日の習慣にすることで、「美容」に配慮できて、「キレイ」を保つのに必要不可欠な全身美容術だとおもっています。

すっぴん美人になる為にはまず毎日クレンジングをしっかり行う事だと思っています。

肌をきれいに保つ為にはどんな化粧品や美容液よりもクレンジングが重要だと思っています。

毛穴に詰まってしまったメイクや皮脂汚れをキレイに洗い流したり余分な角質を取り除く事が、新しい肌を作る為には大切な事になります。

若い時には帰宅時間が夜中だったり、疲れて帰ってきた時にはクレンジングもしないまま寝てしまうようなこともありました。

けどそんな頃は手入れを怠っても特別何かが合った事はありません。

シミが出来る事は無いですし、顔色が良くないという事や、化粧が乗らないなんて全然気にしていませんでした。

だけど若い頃のツケが今になって帰ってきているような気がします。

ここ最近は夜にクレンジングフォームでキレイにメイクを落とし、定期的に顔も剃ってうぶ毛や古い角質を取り除いています。

顔に産毛がある場合血色が悪いように見えたり、汚れや菌が付くことがあり皮膚炎などの問題を起こすこともあります。

ですので日頃から肌の表面を清潔にして、汚れや菌がつかないようにツルスベをキープできるように頑張っています。

キレイな肌になるには、しっかりと睡眠を取ることが一番です。

お肌は睡眠時に、作られます。

ふるい肌細胞は自然とはがれ、基底層で作られた肌が表出してきます。

皮フは、28日間隔で新しい表皮になるのですが、快眠できてるかどうかで肌状態が異なってきます。

睡眠不足だったり、良い睡眠ができていないとこの代謝活動が低下します。

お肌は、有害な刺激からカラダを保護するものでもあります。

もしも、睡眠時間が不足してしまうと、「成長ホルモン」も出づらくなり、ターンオーバー周期も乱れてしまいます。

「成長ホルモンの働き」には新陳代謝を促す役目があるからです。

寝不足続きだと、肌のターンオーバーのサイクルが上手くいかず、肌の調子も良くなりません。

日中は結構歩いたり動いたりすると、スッキリした感じになります。

毎晩ぐっすりと快眠を得ることで、お肌の新陳代謝も活発になり、ツルツルの素肌になっていきます。

手の甲に皺が沢山あったのがコンプレックスでした

「手」って思いのほか人目に付く部位ですよね。

わたしは若いころから手の甲に皺が沢山あってコンプレックスでした。

手が綺麗な女の子がいるといっつも羨ましく感じていました。

わりかしまめに美容ハンドクリームもつけているしそのアイテムだって評判のいい物を使用してきたつもりです。

それなのに…。

ですが、先日気付いたんですよ。

「顔周りには美容ローションをはたいてから乳液とかを伸ばしているけど、「手」という部位には専用のクリームしか使っていない。

という事は、もしかしたらうるおいが足りないんじゃないか」と。

都合の良いことに満足出来るローションを使い始めたばかりだったので、そのローションを「手」にも伸ばしてみようと考えました。

顔面に使ったあとの余り物を利用するのではなく、手先のために化粧水を使うのです。

それを実践したところ、何気に化粧水があっという間に肌の奥に行き渡っていくかんじがしてそれに感動して、もう一回つけたりしています。

そして、最後に薬用ハンドクリームを使うのです。

まだ始めて2ヶ月も経っていませんが、効果を実感しています!「こんな簡単なことに何で考えが及ばなかったのだろう」と笑ってしまいます。

手軽にやれることなので、この先も朝と夜の美肌術の習慣にしていこうと思っています。

美容に関して努力していることは適度な運動とちょっとしたカロリー制限です。

運動は寝る前に15分程のストレッチと家から職場まで3kmのウォーキングと、日曜日にヨガに行っています。

ヨガと一緒に時々ランニングやスクワットもして、基礎体力のアップに取り組んでいます。

毎日のようにジムに通ったりするのは無理なので、無理しない程度に運動できるこのスタイルで運動しています。

食事制限に関しては炭水化物をあまりとらないように、お野菜を多めに摂取するようにしています。

こんな毎日を送るようになり3年ほどになりますが、冷え性だったのがだいぶ良くなりました。

しかも、何年か前と比較して確実に身体のラインも変わってきたのです。

サイズダウンはウエストの部分だけですが、かなり細くなって、楽になりました。

あとは肌の保湿にも気を付けています。

寒い時期はもちろん、夏のエアコンがきいている所では、何時間おきかにスプレータイプの化粧水を吹きかけたりクリームを塗ったりと適度にケアしています。

かなり前から自分のスタイルに悩みを持っていました。

減量にも何回も失敗し、リバウンドを繰り返していました。

現在わたしが体型を保つためにしているのは、貯めないようにする生活です。

過食したら調整して、蓄積されないようにする、という訳です。

溜まった脂肪は落とすのがつらいのですが、1回程度食べ過ぎた位なら調整したらすぐに戻ります。

どういう事かというと一日一食にするのです。

私は食べる事が好きなので、どうしても夕飯は食べたいのです。

ダイエットのポイントは朝ご飯を多くして夜は少なくすることだとは分かっていますし、欠食した場合代謝を落とす事も知っています。

でもムリなことは長続きしないし、不満がたまり最終的には食べ過ぎてしまいました。

自分が1番やりやすく、ストレスにならないやり方で良いと思います。

運動が好きならスポーツやヨガなどでもいいですし、運動するよりも食事を抜いたほうが良いのであればそれでいいのです。

つまり、無理をする事無く日常生活に取り入れられるかということがダイエット継続のコツだと思います。

きついダイエットは失敗するだけです。

いつもの暮らし方に少しアイデアを盛り込むだけ

「ダイエット」ときくと、ダイエットサプリを口にしたり、フィットネスクラブへ足を運んだり、何やかやと費用や時間を使わないといけなさそうですが、わたしはいつもの暮らし方に少しアイデアを盛り込むだけで引き締まった体つきを目指しています。

一つ目は、時短ダイエット。

これは極めて手っ取り早くって、具体的に言うと料理や洗い物をする時に、「つま先立ち」で踵を上げ下げさせて、足首やお尻に効く運動をやっています。

特に行う数は決めておらず、その場にいる間だけ行っています。

また、着座しているさいには、膝の間に本を挟んでいます。

両脚がひらかない習慣も身につきますし、ももの内側が鍛えられるので一石二鳥です。

胴体部分は意外とラクで、日常的に姿勢をしていれば良いのです。

そんなことでも随分効果がありますよ。

あとは食事ですが、出来る限り手作りしています。

コンビニ弁当なんかは、やっぱり穀物類、油ものが中心で、お野菜の比率が低いです。

自炊でフライなどの調理は楽ではないから、当然のように少しは低カロリーな献立になります。

初めの頃は厄介に思えますが、体調を整える為にも、女性らしさをアップさせる為にも、自炊をする習慣を身につけることは利点になります。

どうでしたか?かえって経済的なダイエット法じゃないでしょうか。

美容術そして健康術として、実用的に体型を保っていきましょう。

毎日、家で自炊して、すこし体を動かし、夜更かしをせず朝は早起きという食生活をしているのですが、やっぱり夏休みなると子どもと一緒に、泊まりがけの行事や外食が増してしまいます。

そのような食生活が続いてしまった場合、腸の変化もあり、御通じも悪くなったりして、普段からしている体にいい食生活が出来ていない、と強く思います。

たしかに、外食であれば、メニューを考えなくても良いですし、買い出しに行かなくても良い、後片付けも不要と、何も考えなくてもご飯が食べられるのはうれしいですね。

でも、そのようなご飯が続くと自炊したものの方がおいしく思えるのです。

献立を考える事だったり、作ったりすることも好きなんですよね。

若い時は、外での食事が多くても苦になりませんでしたが、やっぱり年を重ねると、外食した時の塩分とか油分が気になってきます。

最近は、自分のからだは自分で守らなければいけないと思い、減塩に心がけ、お野菜をたっぷりとれるメニュー、規則正しい生活を目標とした食生活が出来るように頑張っています。

女だったらキレイでいたいと、いつでも願いますよね。

私も、いつでもそう願っているので、生活習慣を見つめ直すことに。

まず最初に、美容と言ったら、肌がすべすべしていなくてはいけないので、毎日する、スキンケアをきちんとやっています。

三日に一度は顔パックをすることにしています。

まず、朝、酵素ドリンクをのむこと!野菜を取らないと、すぐ便秘になるので、最初に腸から綺麗にしちゃいます。

お昼ご飯は存分に好きなものを食べて、夕飯はきれいになる為には、抜いたほうがいいみたいです。

夕飯を食べないと、寝ているあいだに腸をきれいにしてくれて、お肌が艶々になります。

最高ですよね、経済的だし(笑)あとは、しっかり体を動かす!わたしはヨガに行き始めました。

汗まみれになるので、デトックスや癒しの効果に優れています。

あと、ヒマな時は歩きに外に出ます!私の場合、ワンコと暮らしているので、散歩しながらウォーキングです!その時はウエストがくびれるように腰を捻るようにします。

毎日続けてずっと美しくいたいですね。