憧れの女性はと聞かれたら、すぐに思い浮かぶのは元会社の上司の女性です。

以前アパレルの販売員として働いていたことがあります。そのときの上司がとても素敵な方で、退職した今でも憧れの存在です。同じ女性目線で見て、外見も中身も憧れの対象です。
外見はスラリと背が高く、170センチ以上でまさにモデル体型です。どんな洋服を着てもとてもかっこよく様になっていたのが憧れと共にうらやましく思いました。

そのスタイルはもちろん顔だちも整っていて、職場の男女共にだれもが認める美人でした。道を歩いているとオーラが違います。同じ女性であっても、一緒に歩けるのが自慢に思えるくらいの方でした。

外見同様に、中身も魅力的な方でした。どんなときも仕事に対してまっすぐで、センスも抜群で、厳しくも優しくもありました。
こんなに外見も中身も素敵な女性は今も昔もほかに知りません。きっとこれからさきもあこがれの女性でいつづけるのだと思います。