本当は夏お肌を出すときのみ無駄毛処理をしたいと思っていますが、そんなふうに言っていられなくなった訳はスポーツクラブで運動をする習慣ができたからです。

運動施設に行く前は主に半袖を着る季節だけ脇毛のお手入れをしていましたし、すね毛については大体パンツスタイルなので処理で困ることはありませんでした。

なので他の女性が無駄毛のお手入れの事で困ってエステサロンで脱毛していたとしても、それをよそに、「わたしにはそんなこと関係ないわ」と縁のない悩みでしかありませんでした。

気になったらむだ毛のお手入れをしたらよかったのですごくラクだったのです。

ここ最近は常にむだ毛の処理をするようになったので、だんだん変わっていくんだなと自分のことながら思うのです。

スポーツクラブに行くようになってからタンクトップで運動するようになりました。

半袖を着ている方も多いのですが、しっかりとメニューをこなせるようにタンクトップを着るようにしているのでわきの毛の処理が欠かせません。

私には付き合っている彼氏がいますが、現在カレシが私のコンプレックスを刺激するのです。

どんなことで刺激されるのかと言うと、カレの色の薄い無駄毛にコンプレックスを刺激されるのです。

その彼のお爺さんは外人みたいで、そのお陰なのかは分からないのですけど全体的に色が白いのです。

ですのでムダ毛もまるで産毛の様なうっすらとしたものなのです。

それを見ていると自分自身が恥ずかしいと思うのです。

わたしに生えているむだ毛はかなり頑固なのです。

とっても強い感じでどっしりとした無駄毛が隙間なく生えています。

彼氏の無駄毛と比較すると、「わたしは女じゃないのかな」と思うくらいです。

カレの胸の内でもそんなふうに思われているのではないかと思うととっても心配になります。

男性よりも無駄毛が多いなんて女としてのプライドが傷つきます。

だからカレにバレないようにムダ毛を隠そうとするのです。

ただ付き合っていれば隠せなくなると思うのです。

真剣にこのむだ毛の事で悩んでいるので、もしかするとこれが原因で別れることになるかもしれないと不安で仕方ありません。

ムダ毛のお手入れをしているといつでも一度手が止まります。

どうしてかと言うと疲れてきて指がしびれてくるからです。

同じように腕も痛くなります。

むだ毛処理って私にとってそれほどしんどいことなのです。

子供の頃は何でもなかったのです。

あまりムダ毛がなくてすべすべでしたからね。

でも成長をして中学校に行き始めると無駄毛の量が増えてきました。

その頃からあたしはムダ毛のお手入れに苦しむようになってきたのです。

毎回手入れしていると「もぉーやだぁー」と泣き言も言いたくなってしまいます。

トゲ抜きで手入れする時なんて本当にそうなんです。

無駄毛が多過ぎてお手入れするのがかなり苛立たしくなってきてお手上げしたくなります。

この事であたしは悩まされているのです。

むだ毛処理をしていると終わりがない処理をいつまでも続けているような感じがするのです。

処理が済んだらぐったりと手足を投げ出して、一休みします。

むだ毛の処理はわたしにとって体力を使う作業であり、気持ち的にも疲れる仕事です。

やめられるものならやめたいし、一瞬でこの無駄毛を消してしまってほしいと切望しています。

ムダ毛の処理には長いことあたしは悩み続けています。