20代の頃までは少々食べ過ぎても体型を維持できていたのですが、30歳を超えた頃から食べたものがそのまま体重と体型に反映されるようになりました。

だけど甘い物断ちは辛いですよね。

(大好きなんです!)ですから我慢せず、且つ体重を増やさない為に、甘い物は一日1品、お昼ご飯前までに摂取するというルールを作りました。

カロリーは度外視して、数で決めています。

ですから、甘さ控えめのわらび餅でも生クリームたっぷりのケーキでも、1品は1品なのです。

チョコスナックみたいなのだったら一袋も食べていい範囲にしています。

だけどお徳用パックなどは許容範囲を超えるので、半分とか、1/4などの調整はしています。

お昼までに口にしているので、キチンと満足感がありストレスフリーですし、カロリー縛りではないので計算も不要で、毎日楽しみたいスイーツをチョイスできます。

その上、エクササイズなど意識的に行わなくても、家事などをしてるだけできっちりとエネルギーを燃焼できるので、体型維持できるようになりました。

また夕方などにチョコなどに手を出したくなった時は、人口甘味料入りの紅茶などを口にして、やりすごしています。

女の人だったら誰だって多少の差はあれど美容に気を使ってるはずです。

近ごろは男性だって「美」を求めていて脱毛したりネイルをしたり。

「ヘアサロン」にしても一ヵ月に一度のスパンで足を運ぶ男の子もたくさんいます。

もう切るところないんじゃない?と疑問に思うほど短めの髪型の男子が頻繁に美容院通いするのをみると美意識の高さにビックリしてしまいます。

頭を部分染めや全体染めしている男の子も多くなってきましたね。

自分は爪先に気を遣っています。

顔の「お化粧」も必要なことですが、外出前に手がけた化粧はいつでも目に入るものではありません。

日によってはどんなメイクをしたか忘れているなんてことも・・・。

しかしネイルなら絶えず目に入る場所にあります。

この「自分の目で直接確認できる」というのが重要。

美しい指先を見る度にウキウキします。

それで、次はどんなネイルにしようかとますますウキウキしたり・・・。

こういうささやかな美容への欲が女性をきれいにすると思います。

あたしは元々脂性の肌でにきびができやすい肌質です。

とくに生理になる前は、額や鼻の周辺にニキビが出来やすいです。

ですから、洗顔にはいつも配慮をしています。

朝と夜の2回の洗顔時に、石鹸をしっかり泡立てて、やみくもに洗うのではなく、入念にマッサージするように洗います。

洗い流す時はぬるま湯で、洗い落としがないように鏡で確認しています。

洗顔の後に、ローション、美容液、クリームを塗りますが、オイリー肌なので、さっぱりタイプのものをなるたけ使うことにしています。

塗るときには、指の雑菌が肌に触れないように、コットンに取ってから塗っています。

にきびが出来ている時は、化粧水などがしみる時もあるので、いつもより薄めにつけるようにしています。

日々のスキンケアと同様に、睡眠時間と食生活にも気を配っています。

睡眠時間は少なくとも6時間は確保するようにしています。

食事の方は、脂っぽい料理は控えるようにして、野菜中心のメニューを食べるようにしています。

これを習慣的に行うだけで、肌の具合が少しずつ良くなってきました。

多忙な時はついつい怠ってしまいがちですが、この先も気をつけていこうと思います。