私が憧れる女性像は、結婚しても経済的に自立している女性です。憧れるというよりもむしろ羨ましいと思う女性かもしれません。

私は今現在専業主婦ですが、仕事をしていないということにどこかしら後ろめたさのようなものを感じながら日々を過ごしています。専業主婦が悪いと思っているわけではないのです。ただ、社会から取り残されているような感覚が嫌なのかもしれません。

結婚して、子どもを産んでも自分の仕事をきっちりこなしている女性を見ると、単純に「カッコいいな~」と思ってしまいます。その裏には両立する難しさと葛藤する苦しさがあるのかもしれませんが、だからこそ尚更その強さが輝いて見えるのかもしれませんね。

私の勝手な思い込みなのかもしれませんが、経済的に自立していれば、旦那から「俺が食わせてやってるんだ!」的な圧迫を感じることもなく、全てにおいて対等な立場でいられるっていう強みもあると思うのです。もちろん専業主婦も家の中のこと全般を受け持っているのですから、それはそれで大変なことだし凄いことだとは思っていますよ。

よく「女性の敵は女性」って言われると思うんですけど、そんな人にだけはなりたくないっていう強い思いがあります。世に出ていこうとする女性の常に味方になれるような、そんな女性に憧れます。