実年齢より幾ばくかでも年若く見られるとうれしくない訳がない

ある程度以上の年齢の「女性」としては実年齢より幾ばくかでも年若く見られるとうれしくない訳がなく、わたしもご多分に漏れずといったところです。

しかし、着実に年齢は増え、毛穴自体が目に付くようになったりお肌がカサカサになってきたりしてヘコんでしまいます。

美肌作りのための色々なお手入れの仕方があるけれど、基本的にズボラなので簡単じゃないお手入れは三日坊主で終わってしまいます。

それでもって、金銭的に負荷がかかり過ぎるのも短期間で終わってしまいます。

とするとやれる事は限られてしまい、シンプルな美容を心掛けることになります。

とにかく、もっとも大事だと考えているのが「睡眠」でして、どうにか六時間睡眠を実行しています。

疲れが出るとあっという間にお化粧の仕上がりもわるくなるし、健康を害したらお肌ケアなど後回しになっちゃいますよね。

美肌づくりではケチケチせずに使えることを優先しているので低価格のものを使っています。

あと気をつけているのは「歯」についてで、歯抜けは無しとしても色合いがキレイじゃないだけで4、5歳は見た目年齢が上がります。

リッチで時間も自由に使えれば更にいろいろな美容術が施せますが、無い物ねだりはストレスになるので取り敢えずはこのまま続けていくつもりです。

あたしは元来美容面に疎かったのですが、今の主人がかなり身なりに気を使うタイプで、自然と私も美容面で気を遣うようになりました。

ヘアサロンは未経験だったのですが、毎月一回は忘れずにお店で集中トリートメント、家でも低刺激の洗髪剤に変更しドライヤー前はヘアエッセンスを毛先に馴染ませてからかわかしています。

過去のヘアブリーチが響いて結構なクセがありウネウネとしていましたが、現在では見違えるほどキューティクルが戻ってきました。

また、布団に入る時はナイトキャップをかぶり、お出掛けの際には髪の毛を束ねるかハットをかぶって紫外線対策を心がけています。

スキンケアも、時間的余裕がなくても保湿ローション&ミルクは欠かしません。

金曜日にはお風呂に浸かってくつろぎながら美容パックでケアします。

あとは日毎コップに1杯分の調整豆乳を摂取すること、葉野菜や根菜を摂ることを心がけているおかげか肌はよく褒められます!美容術は意識してやればやっただけ成果がついてくるので、ときたま横着したくなるときもあるけれど、ダメ女子に戻らないようにいつまでも頑張ってまいります。

美しくなりたいと常に考えていますよ。

もうちょっと細かく言うと、アンチエイジングに関心があるので若さを維持するためにはどうしたらいいのかとよく思います。

目標もなく美しさを維持したいと思うより、若さをキープするために何をしたら良いかを考える方が美容の効果が上がります。

アンチエイジングの方法は運動をよくしますね。

私は長年運動を続けていて同年代の女性と比べると見かけも身体の中も若いと感じています。

お肌の状態も年齢よりピンと張って毛穴も目立ってません。

スポーツを習慣としている効果でしょう・・・。

老化を防止する方法は運動の他にもあります。

食生活を気をつけることでも老化を食い止められるし、入浴法で若さを調節することもできるのです。

何がご自分の性格に合うのかを見定めることが大切です。

汗をかくことが好きで老化防止にはそれをする必要があると信じて疑わないのでスポーツは続けたいです。

汗は水分を摂っていればどんなにかいても良いと思います。

何と言っても歩くことそして、きちんと食事をとること

あたしの美容方法は、何と言っても歩くことそして、きちんと食事をとることです。

なぜかと言いますとお通じがとてもよくなるからです。

お通じが悪くなると、肌がガサガサになってニキビや吹出物も出来やすいですよね。

あげくの果てには、口臭までしてきますよね。

ウォーキングをすると思っていたよりお腹が刺激されるらしく暫く歩いていると、便意を覚えてトイレに行くようになります。

ご飯をたくさん食べてから歩いているとほぼ毎回便意をもよおしてきます。

お肌のケアのみでは肌トラブルや肌あれを治そうとしても限界は在ると私は、感じます。

だけど、便秘薬を使うのは避けたいし。

そんな時ウォーキングに出かけるとお通じがよくなっていることに気付きました。

ウォーキングしていたら、2週間ほど順調に快便だったのです。

だけど、生理がくる前はどうしても便秘になりやすいですのね。

あたしもいつも悩みます。

そういう時はとりあえず寒天食べてます。

何気に、解消されてるようなきがします。

しかし、生理が終わるとスグに便秘は治ってしまいます。

オンナって本当に大変な事が多いですよね。

今後もずっと、しっかり食べてしっかり歩いて、お通じをよくし若々しい肌にしたいです。

ワタシは唇の「縦じわ」を出来るだけなくすために、いつもリップケアを施しています。

くちびるの縦皺が発生する理由は、乾燥や紫外線によるものがほとんどです。

なぜ紫外線によるダメージで皺が出来るかというと、UVの影響で唇をプルンとさせてくれる、「コラーゲン」が失われやすくなるのです。

そうなると、乾燥を引き起こすため、「縦皺」を起こしてしまいます。

結果、唇の縦ジワはほとんど乾燥が原因なので、縦ジワ対策には乾燥防止がもっとも有効です。

ワタシが行っている乾燥対策は、普段は「薬用リップ」を使うことを心掛けています。

リップバームなどは、唇に潤いを与えてくれるからです。

更に出掛ける時は、しっかりと紫外線を防いでくれるリップを施します。

どんなリップクリームを塗る時も、右方向左方向と塗布するのは厳禁です。

というのも上下に動かしていく方が成分が奥まで届きやすくなるからです。

特別なケアとしては、1週間のうちに2度ほど簡単に唇のラップパックを実施しています。

この時、モイスチュア効果の高いはちみつを使うと、とても効き目があります。

元々カサカサ肌なので肌メンテは保湿ケアに力を入れていますが年齢的なものだったり健康状態によってはいくら丁寧に美肌術をしても肌の状態が悪く、改善しないことがあるので少しでも皮フにいい成分を染み込ませたいので天然オイルを活用したお肌のお手入れをやっています。

油っぽかったりニキビを引き起こす印象が強いオイルですが乾燥予防効果や皮膚の中まで化粧品の有効成分を取り込む効果があるので日頃から美容クリーム等のかわりにつけるのではなく洗顔したあとにブースター代わりに利用していますがオイルを美肌術に付け加えることで現在は結構お肌が潤うようになりました。

潤い不足の肌を治すのは大変で、肌ケアで美肌にするには限度がありますが手間暇掛けて保湿ケアしたり丹念な肌メンテだけでは上手くいかないときには日頃から使用している化粧水などだけではなく天然オイルなんかをスキンケアにプラスして乾燥肌に拍車がかからないように、お手入れしています。

通常の美肌術を施してもスキンコンディションが悪いような時は肌なじみの良いオーガニックオイルを利用したお手入れやその他諸々の美容術を試みながら一刻も早くスキンコンディションが良好になるようにしています。

生理がくる前にそんなににきびが出来ることがなかった

16、17歳の頃から今も洗顔をしたらふきとり化粧水を使い続けています。

なので同級生たちがにきびが出来て大騒ぎしているのに私だけは生理がくる前にそんなににきびが出来ることがなかったのでいいなぁと言われていました。

当時みんなから特にやっていることはあるのかと聞かれたけれども検討もつかなかったので回答できませんでした。

近ごろやっと十年くらい変わりなくお肌のためにしていることは何かなと思った時にふきとり化粧水だけは変えることなく続けられてると思い、高校時代ににきびで悩まされる事がなかったのはふきとり専用ローションの効果があったのではないかと考えつきました。

洗顔後にふき取り専用化粧水で拭くとコットンに薄っすら黄色く付いているので、洗顔では落ちていない汚れがあるのかとショックを受けました。

朝起きて顔を洗った方が汚れが濃いように思うので眠っている時に皮脂が出てることが見て取れます。

今では習慣化してしまっているから顔を洗った後に拭き取りの化粧水をしないと肌の状態に満足できません。

「美容」ってことで、口にする物にはそれなりに気を掛けています。

むかし、ファストフード漬けになっていたら、肌がボロボロになり、重宝していたミニスカートもきつくなっちゃった事があるからです。

第一に、19時台を最後に食事禁止を心掛けています。

仕事柄、退社が夜の9時半くらいって日が結構あるのですが、そういう日は自宅に戻っても夕ご飯は絶ちます。

初めは空腹感がすごくてキツかったのですが、今では慣れっこになってしんどいと思わなくなりました。

夕飯の時間を早める、もしくは口にしないようにすると、翌朝肌や体が快調です。

あと、軽食的なものは素焼きナッツ、果物、ゼロカロリーのゼリー等のカロリーが低い物を食べています。

本当に遅くまで仕事をすることが多いので、全く間食をしないのは厳しいです。

そんな訳で、果物などの美容と健康にいいものをおやつにすることにしました。

最後に、炭水化物は少なめにして、葉野菜などをいっぱい摂取するようにしてます。

一例をあげると、あたしのスタンダートメニューは小さいおにぎり一つと、生野菜を沢山。

野菜を十分に摂り入れる事で、カラダの中もスッキリします。

全部簡単なことなので、今後も実行していきたいです。

わたしの美容法は空腹時に何を食べて何を飲むかをよく考えることです。

とくにこれを食べなければとかあれを飲まなければとかそのようなことは決めていませんがからだに良いものを食べるようにしています。

それと消化の良い食べ物です。

これはできる限りなのですが、できれば消化の良い食べ物を取りたいと考えています。

食後まだ時間が経ってない時はわりあい何でも食べるのですが腹が減っている時に食べるものは身体に影響します。

消化するのもきっと早いだろうし、体に色んな影響を与えると思っているので凄くお腹が空いている時は何を食べようかじっくり考えます。

その状態で生野菜のサラダは食べません。

生野菜をたくさん食べたら体を冷やしてしまうので良くないのです。

そこで温かい飲み物が作れるならほうじ茶を入れて飲むし温かい飲み物がない場所なら水を口に入れたまま口の中で温めてから飲みます。

これを数回繰り返してから食べたい物を食べていきます。

下痢や便秘にならないようにするやさしい対策です。

日々少し気を使うだけで後でよかったと思えるわたし流の美容方法

40近くなり肌も老いてきたのが見た目にわかります。

顏にできるニキビもなのですが、腕・足などに出来てしまった傷もなかなか治らなくなりました。

ですので日々少し気を使うだけで後でよかったと思えるわたし流の美容方法を話したいと思います。

まず朝起きたら冷水で顔をすすぎ、炭酸水をのむ。

炭酸水を飲みながら冷凍庫にある氷をタオルで包み頬の毛穴などが引き締まるようにまあるくあてていきます。

氷が小さくなってきたらその次はローションをコットンにしみこませてパックします。

それからクリームを塗って終わりです。

普段からなるべく炭酸水を飲み、日がさしているうちは外へは出かけないようにしています。

出かけなければ行けないときは気温が高い日でもできるだけカーディガンを着用、日傘は必ず持ち歩きます。

 大がかりな事は特にしませんが、日光に当たってしまう事が一番の老化だと思います。

高級な化粧品などでお手入れをするよりも日々の努力で老化を防げるといいなと思うんです。

美容のために気を使っているのは、ワクワクと楽しくなれる事はないか想像することです。

美容に影響ない事みたいに思われるかもしれませんが、かかわりがあるのです。

やってみて欲しいのですが、無表情でぼんやりしてみてください。

その次に、何かウキウキするような楽しい事などを思い出してみて下さい。

目元の筋肉が多少動くのが分かりますか?今度は、本当に楽しんでみる。

すると勝手にニッコリ顔になります。

今度は口周辺の筋肉が動くことが分かると思います。

無表情では使われることがない筋肉が、嬉しくなるような気分になることで自然に筋トレなると私は思います。

1日や2日では差はないかもしれないのですが、何年も経てば差が出てくるとおもっています。

それに、嬉しい事を想像すると表情の筋肉だけではなく目にもエネルギーが現れてくるのです。

エネルギッシュな目をした人は身体の内面からイキイキしているように見えます。

化粧品よりもベースとなる部分で美しさの土台になると思うので実践しています。

毎日ハッピーになれますよ。

お金もかかりませんし、すぐに取り組めますよ。

試してみて下さいね♪私は、子育てをしているので、ハッキリ言って、自分の為に時間を費やす暇なんてありません。

でも、女性ですので美しい自分でいたいとやっぱり思います。

そういった現状で、わたくしが、美しいままいられるように日々気遣いしていることは、しっかりと眠ることです。

前までは、習慣的に夜遅い時間まで起きていて、小腹が空いたら、ついつい夜食を食べてから眠って、朝に関しても家を出るのに間に合う限界まで眠っていて、朝ごはんを食べない事なんてあたり前でした。

その頃は、お肌も荒れていて、日中もぼんやりしていて、ハッキリ言って、キレイとか考えるゆとりはありませんでした。

ですが、このままじゃ駄目だ、女じゃないじゃないと思い反省しました。

以来、夕飯を済ませてから二時間以上あけるようにして、遅くても22時までには寝るようにしています。

そして朝六時には起床しています。

毎日しっかり寝て、早起きすると気持ちも良く、朝食もおいしいです。

そのお陰なのでしょうか、朝型の生活をするようになってから、メイクのノリがよくないと思うような事はありません。

それに、外側がきれいになるだけでなく、しっかりと睡眠できているので昼間も活動的になり、気持ち的にもきれいになったような気がします。

だから、美容において一番大切なことは、睡眠なんだな。

なんて、生活を変えてから身に沁みて思いました。

夜の7時過ぎは間食をしない、22時に布団に入る

30歳に近づいたら小皺が目に付き始め化粧のノリも悪くなってきたので美容について気にかけるようになりました。

まずは毎日の習慣から改善していかなければと思い、夜の7時過ぎは間食をしない、22時に布団に入る、この生活を毎日心がけています。

これを続けた所、なにしろ毎朝とても清々しいです。

おフロでは半身浴をしています。

冬の寒い時も40度以上はあげずにみぞおちから下だけ浸かります。

お風呂から出たら化粧水と乳液は必須です。

週末になったらフェイスマスクでパックしています。

最近では、同僚が行っていたこともあるけれど、脱毛処理とサロンを始めました。

勿論運動もしています。

日ごろ会社が家から近いので歩いて通勤しているのと、休みの日はウォーキングしています。

月に2回プールとジムにも行っています。

美容については万全の注意を払うように心掛けています。

成果はあったのかといえば結果より感じ方の違いですね。

何だか、若々しいオンナになっている感じがするのです。

この先も美容に気を配りながら続けていきたいと思います。

美容のために気を付けていることは適度な運動と適度な食事制限です。

運動については寝る前に15分程のストレッチと通勤時に30分程度歩く事と、週末のホットヨガを週1回です。

ヨガと一緒にジョギングなども行い、体力のアップに取り組んでいます。

毎日ジムに行くというのは無理もあって続かないので、無理しない程度に運動できるこの間隔で適度に運動を取り入れています。

食事に関しては主食のコメなどをあまり摂取しないように、野菜を多く摂るように心がけています。

この生活になって3年くらいになるのですが、だんだん冷え性が改善されてきました。

それから、前と比べて確実に身体のラインが変わってきました。

サイズダウンはウエストの部分だけですが、ずいぶんすっきりしてきて、軽くなった感じがしています。

それから肌の保湿に気を使っています。

冬は勿論ですが、特に夏のエアコンがきいている所では、気になったときに保湿スプレーしたり乳液を塗ったりと自分のやり方で気を付けてケアをしています。

加齢に負けないツヤのある皮フを保つ為に、一番重視しなければいけないのが保湿ケアです。

女の子は30~40代になると一気に皮脂の量が少なくなるという情報もあるので、普段のお肌のお手入れから欠かさず乾燥防止ケアを行う事が重要となってきます。

誰でも「きちんとお肌のお手入れをやっているのに、起きる頃には肌がカサカサになっている」という状況になった事があると思います。

あたしも本来ドライ肌であるのと、スキンケアコスメが肌にあっていなかったためことに冬になるとゴワついていました。

こういった方に使用してほしいケアアイテムが、「オイル化粧水」です。

オイルが入っているというと矢張りヌルヌルしそうに思いますが、近ごろのこういった商品は進歩していて、つけ心地もさっぱりしています。

塗布した後にメーキャップしても、化粧乗りは悪くならないので保湿にはもってこいです。

保湿をしっかり行っておくと、年がいってもツヤのあるなめらかな美肌を維持できるのでなるべく早くから保湿ケアを心掛けましょう。

20代の頃までは少々食べ過ぎても体型を維持できていたのですが…

20代の頃までは少々食べ過ぎても体型を維持できていたのですが、30歳を超えた頃から食べたものがそのまま体重と体型に反映されるようになりました。

だけど甘い物断ちは辛いですよね。

(大好きなんです!)ですから我慢せず、且つ体重を増やさない為に、甘い物は一日1品、お昼ご飯前までに摂取するというルールを作りました。

カロリーは度外視して、数で決めています。

ですから、甘さ控えめのわらび餅でも生クリームたっぷりのケーキでも、1品は1品なのです。

チョコスナックみたいなのだったら一袋も食べていい範囲にしています。

だけどお徳用パックなどは許容範囲を超えるので、半分とか、1/4などの調整はしています。

お昼までに口にしているので、キチンと満足感がありストレスフリーですし、カロリー縛りではないので計算も不要で、毎日楽しみたいスイーツをチョイスできます。

その上、エクササイズなど意識的に行わなくても、家事などをしてるだけできっちりとエネルギーを燃焼できるので、体型維持できるようになりました。

また夕方などにチョコなどに手を出したくなった時は、人口甘味料入りの紅茶などを口にして、やりすごしています。

女の人だったら誰だって多少の差はあれど美容に気を使ってるはずです。

近ごろは男性だって「美」を求めていて脱毛したりネイルをしたり。

「ヘアサロン」にしても一ヵ月に一度のスパンで足を運ぶ男の子もたくさんいます。

もう切るところないんじゃない?と疑問に思うほど短めの髪型の男子が頻繁に美容院通いするのをみると美意識の高さにビックリしてしまいます。

頭を部分染めや全体染めしている男の子も多くなってきましたね。

自分は爪先に気を遣っています。

顔の「お化粧」も必要なことですが、外出前に手がけた化粧はいつでも目に入るものではありません。

日によってはどんなメイクをしたか忘れているなんてことも・・・。

しかしネイルなら絶えず目に入る場所にあります。

この「自分の目で直接確認できる」というのが重要。

美しい指先を見る度にウキウキします。

それで、次はどんなネイルにしようかとますますウキウキしたり・・・。

こういうささやかな美容への欲が女性をきれいにすると思います。

あたしは元々脂性の肌でにきびができやすい肌質です。

とくに生理になる前は、額や鼻の周辺にニキビが出来やすいです。

ですから、洗顔にはいつも配慮をしています。

朝と夜の2回の洗顔時に、石鹸をしっかり泡立てて、やみくもに洗うのではなく、入念にマッサージするように洗います。

洗い流す時はぬるま湯で、洗い落としがないように鏡で確認しています。

洗顔の後に、ローション、美容液、クリームを塗りますが、オイリー肌なので、さっぱりタイプのものをなるたけ使うことにしています。

塗るときには、指の雑菌が肌に触れないように、コットンに取ってから塗っています。

にきびが出来ている時は、化粧水などがしみる時もあるので、いつもより薄めにつけるようにしています。

日々のスキンケアと同様に、睡眠時間と食生活にも気を配っています。

睡眠時間は少なくとも6時間は確保するようにしています。

食事の方は、脂っぽい料理は控えるようにして、野菜中心のメニューを食べるようにしています。

これを習慣的に行うだけで、肌の具合が少しずつ良くなってきました。

多忙な時はついつい怠ってしまいがちですが、この先も気をつけていこうと思います。

1年を通して日焼けをしないように

1年を通して日焼けをしないように注意していますよ~。

むかしは親や祖父母から太陽の光に当たるようにいつも言われていましたが、近頃はそんな話は聞かなくなりましたね…。

以前はオゾン層が壊されていることは誰も言いませんでした。

日光浴をする時間を作らないと皮膚の中でビタミンDを生成できないとか、貧弱な子になっちゃうよ!とよく注意されていたものです。

40分くらいでも紫外線を浴びることは体に良いからやりなさいと言われ、その通りやっていた子供は多かったです。

その積み重ねが肌の染みになって現れてきているのかな…と私は考えているのです。

やはりオゾン層が壊されていても壊されていなくてもせっせと紫外線を浴びることは間違いだったということです。

美容面を考えたら太陽に当たることはプラス面より欠点のほうが大きいはずです。

これからでも何もやらないよりはいいと思い直射日光に当たらないようにしています。

暑くてもプールや海には行きません。

スポーツをする場合はいつも屋内スポーツです。

美容に関して必要なのは、大変な事を行う事では無く生活スタイルや小さな配慮です。

自分自身が基本にしている要素は、十分な睡眠をとる事とストレスを蓄積しないこと。

睡眠は、良好なお肌とカラダを元気にさせるために欠かせないものです。

もっぱら、夜10時からの肌のゴールデンタイムに良い眠りをする事がお肌の為になるのです。

眠りというのは、休息をとらせる為だけじゃなくお肌の新陳代謝の循環を良くし、美しい肌を作り出すためにも重要な役割をしています。

質の良い眠りの為に、お肌につけるアロマバームを付けると良質な呼吸になり穏やかな気分になります。

加湿にも注意して、肌やのどを乾燥させないようにしているのです。

それと、イライラも美容にとってはよくありません。

イライラが募ると表情にも悪影響を及ぼし、周りの雰囲気を悪くします。

変なところに力が入り肩や首が凝ったり、つい表情に出てしまいしわの元になってしまうのです。

なるべくイライラしないようにして緊張を緩めて朗らかな表情で過ごすことが美容に関して大事なことだと思います。

基本的に暇もなく美容費も掛けられないので、楽でなおかつ低コストな全身美容術を実践しています。

はじめに、私が紹介したい美容ケアは、オールインワンの基礎化粧品です。

色んなのを用いるのも、買い求めるのも手間だし、つけるのも面倒なので、多機能ゲルを使っています。

顔を洗い終わったら、これだけで肌が潤います。

それと、睡眠時間です。

睡眠不足だと疲れが取れないので、夜更かししないようにしています。

状況次第では二十二時すぎには、寝ることもあります。

素肌のターンオーバーにも係わってきますし。

起きていたら、口寂しくなってきて夜食を摂っちゃったりすると胃に負担も掛かるので夜更かししないようにしています。

あとは、薄化粧にしています。

外出予定のない時は、オールインワンゲルと日やけ防止剤のみにします。

外出予定がある時は、UVカットのクリームの上からBBクリームと薄くファンデを塗って、アイラインなどを入れて終了です。

厚塗りすると、肌負担も大きくなりますし、落とすのも面倒になるし刺激も大きくなるので、できる限り薄くしています。

我が家で労力や出費を伴わず行える美容術

「美容」っていうと、エステティックや痩身マッサージやなんかと、金額や面倒臭さをイメージしてしまい、私には金銭面や時間の面で無理、と断念したりするのは残念です。

我が家で労力や出費を伴わず行える美容術はかなりあるのです。

綺麗を保つと外面に限らず、メンタル面も安定していられます。

ですから、数ある手軽な美容術のなかでも特に簡単で、それのみか全然費用の掛からない美容術を教えちゃいます。

それは、絶えず鏡でジブンの「顔」や「体」を点検するという方法。

体型が崩れてきたり、お肌が荒れてきたりしてくると、じっと見ることはイヤになりますが、そんな時も思い切って直視するのです。

風呂場に姿見が設置されているなら、おフロの時に忘れず全身の確認をするように心掛けます。

計るだけダイエットなどと同様のしくみで、現在の姿を把握する事により、過ごし方を見直すことができるようになります。

少々お肉が付いてきたかなとか乾燥肌の兆しがあらわれても、いつも鏡を見ていれば即座に認識でき、早いうちに対処することができるので、良い状態に戻しやすいのです。

体重減少を目指している時も、外見がスレンダーになってくるとテンションが上がるし、ダイエット中の食生活などでお肌の状態が悪くなってきてしまったらダイエット方法を見直す助けとなって、偏りのないシェイプアップに結びつきます。

これだけ行っていれば完璧だ!というものではありませんが、毎日の習慣にすることで、「美容」に配慮できて、「キレイ」を保つのに必要不可欠な全身美容術だとおもっています。

すっぴん美人になる為にはまず毎日クレンジングをしっかり行う事だと思っています。

肌をきれいに保つ為にはどんな化粧品や美容液よりもクレンジングが重要だと思っています。

毛穴に詰まってしまったメイクや皮脂汚れをキレイに洗い流したり余分な角質を取り除く事が、新しい肌を作る為には大切な事になります。

若い時には帰宅時間が夜中だったり、疲れて帰ってきた時にはクレンジングもしないまま寝てしまうようなこともありました。

けどそんな頃は手入れを怠っても特別何かが合った事はありません。

シミが出来る事は無いですし、顔色が良くないという事や、化粧が乗らないなんて全然気にしていませんでした。

だけど若い頃のツケが今になって帰ってきているような気がします。

ここ最近は夜にクレンジングフォームでキレイにメイクを落とし、定期的に顔も剃ってうぶ毛や古い角質を取り除いています。

顔に産毛がある場合血色が悪いように見えたり、汚れや菌が付くことがあり皮膚炎などの問題を起こすこともあります。

ですので日頃から肌の表面を清潔にして、汚れや菌がつかないようにツルスベをキープできるように頑張っています。

キレイな肌になるには、しっかりと睡眠を取ることが一番です。

お肌は睡眠時に、作られます。

ふるい肌細胞は自然とはがれ、基底層で作られた肌が表出してきます。

皮フは、28日間隔で新しい表皮になるのですが、快眠できてるかどうかで肌状態が異なってきます。

睡眠不足だったり、良い睡眠ができていないとこの代謝活動が低下します。

お肌は、有害な刺激からカラダを保護するものでもあります。

もしも、睡眠時間が不足してしまうと、「成長ホルモン」も出づらくなり、ターンオーバー周期も乱れてしまいます。

「成長ホルモンの働き」には新陳代謝を促す役目があるからです。

寝不足続きだと、肌のターンオーバーのサイクルが上手くいかず、肌の調子も良くなりません。

日中は結構歩いたり動いたりすると、スッキリした感じになります。

毎晩ぐっすりと快眠を得ることで、お肌の新陳代謝も活発になり、ツルツルの素肌になっていきます。

手の甲に皺が沢山あったのがコンプレックスでした

「手」って思いのほか人目に付く部位ですよね。

わたしは若いころから手の甲に皺が沢山あってコンプレックスでした。

手が綺麗な女の子がいるといっつも羨ましく感じていました。

わりかしまめに美容ハンドクリームもつけているしそのアイテムだって評判のいい物を使用してきたつもりです。

それなのに…。

ですが、先日気付いたんですよ。

「顔周りには美容ローションをはたいてから乳液とかを伸ばしているけど、「手」という部位には専用のクリームしか使っていない。

という事は、もしかしたらうるおいが足りないんじゃないか」と。

都合の良いことに満足出来るローションを使い始めたばかりだったので、そのローションを「手」にも伸ばしてみようと考えました。

顔面に使ったあとの余り物を利用するのではなく、手先のために化粧水を使うのです。

それを実践したところ、何気に化粧水があっという間に肌の奥に行き渡っていくかんじがしてそれに感動して、もう一回つけたりしています。

そして、最後に薬用ハンドクリームを使うのです。

まだ始めて2ヶ月も経っていませんが、効果を実感しています!「こんな簡単なことに何で考えが及ばなかったのだろう」と笑ってしまいます。

手軽にやれることなので、この先も朝と夜の美肌術の習慣にしていこうと思っています。

美容に関して努力していることは適度な運動とちょっとしたカロリー制限です。

運動は寝る前に15分程のストレッチと家から職場まで3kmのウォーキングと、日曜日にヨガに行っています。

ヨガと一緒に時々ランニングやスクワットもして、基礎体力のアップに取り組んでいます。

毎日のようにジムに通ったりするのは無理なので、無理しない程度に運動できるこのスタイルで運動しています。

食事制限に関しては炭水化物をあまりとらないように、お野菜を多めに摂取するようにしています。

こんな毎日を送るようになり3年ほどになりますが、冷え性だったのがだいぶ良くなりました。

しかも、何年か前と比較して確実に身体のラインも変わってきたのです。

サイズダウンはウエストの部分だけですが、かなり細くなって、楽になりました。

あとは肌の保湿にも気を付けています。

寒い時期はもちろん、夏のエアコンがきいている所では、何時間おきかにスプレータイプの化粧水を吹きかけたりクリームを塗ったりと適度にケアしています。

かなり前から自分のスタイルに悩みを持っていました。

減量にも何回も失敗し、リバウンドを繰り返していました。

現在わたしが体型を保つためにしているのは、貯めないようにする生活です。

過食したら調整して、蓄積されないようにする、という訳です。

溜まった脂肪は落とすのがつらいのですが、1回程度食べ過ぎた位なら調整したらすぐに戻ります。

どういう事かというと一日一食にするのです。

私は食べる事が好きなので、どうしても夕飯は食べたいのです。

ダイエットのポイントは朝ご飯を多くして夜は少なくすることだとは分かっていますし、欠食した場合代謝を落とす事も知っています。

でもムリなことは長続きしないし、不満がたまり最終的には食べ過ぎてしまいました。

自分が1番やりやすく、ストレスにならないやり方で良いと思います。

運動が好きならスポーツやヨガなどでもいいですし、運動するよりも食事を抜いたほうが良いのであればそれでいいのです。

つまり、無理をする事無く日常生活に取り入れられるかということがダイエット継続のコツだと思います。

きついダイエットは失敗するだけです。

いつもの暮らし方に少しアイデアを盛り込むだけ

「ダイエット」ときくと、ダイエットサプリを口にしたり、フィットネスクラブへ足を運んだり、何やかやと費用や時間を使わないといけなさそうですが、わたしはいつもの暮らし方に少しアイデアを盛り込むだけで引き締まった体つきを目指しています。

一つ目は、時短ダイエット。

これは極めて手っ取り早くって、具体的に言うと料理や洗い物をする時に、「つま先立ち」で踵を上げ下げさせて、足首やお尻に効く運動をやっています。

特に行う数は決めておらず、その場にいる間だけ行っています。

また、着座しているさいには、膝の間に本を挟んでいます。

両脚がひらかない習慣も身につきますし、ももの内側が鍛えられるので一石二鳥です。

胴体部分は意外とラクで、日常的に姿勢をしていれば良いのです。

そんなことでも随分効果がありますよ。

あとは食事ですが、出来る限り手作りしています。

コンビニ弁当なんかは、やっぱり穀物類、油ものが中心で、お野菜の比率が低いです。

自炊でフライなどの調理は楽ではないから、当然のように少しは低カロリーな献立になります。

初めの頃は厄介に思えますが、体調を整える為にも、女性らしさをアップさせる為にも、自炊をする習慣を身につけることは利点になります。

どうでしたか?かえって経済的なダイエット法じゃないでしょうか。

美容術そして健康術として、実用的に体型を保っていきましょう。

毎日、家で自炊して、すこし体を動かし、夜更かしをせず朝は早起きという食生活をしているのですが、やっぱり夏休みなると子どもと一緒に、泊まりがけの行事や外食が増してしまいます。

そのような食生活が続いてしまった場合、腸の変化もあり、御通じも悪くなったりして、普段からしている体にいい食生活が出来ていない、と強く思います。

たしかに、外食であれば、メニューを考えなくても良いですし、買い出しに行かなくても良い、後片付けも不要と、何も考えなくてもご飯が食べられるのはうれしいですね。

でも、そのようなご飯が続くと自炊したものの方がおいしく思えるのです。

献立を考える事だったり、作ったりすることも好きなんですよね。

若い時は、外での食事が多くても苦になりませんでしたが、やっぱり年を重ねると、外食した時の塩分とか油分が気になってきます。

最近は、自分のからだは自分で守らなければいけないと思い、減塩に心がけ、お野菜をたっぷりとれるメニュー、規則正しい生活を目標とした食生活が出来るように頑張っています。

女だったらキレイでいたいと、いつでも願いますよね。

私も、いつでもそう願っているので、生活習慣を見つめ直すことに。

まず最初に、美容と言ったら、肌がすべすべしていなくてはいけないので、毎日する、スキンケアをきちんとやっています。

三日に一度は顔パックをすることにしています。

まず、朝、酵素ドリンクをのむこと!野菜を取らないと、すぐ便秘になるので、最初に腸から綺麗にしちゃいます。

お昼ご飯は存分に好きなものを食べて、夕飯はきれいになる為には、抜いたほうがいいみたいです。

夕飯を食べないと、寝ているあいだに腸をきれいにしてくれて、お肌が艶々になります。

最高ですよね、経済的だし(笑)あとは、しっかり体を動かす!わたしはヨガに行き始めました。

汗まみれになるので、デトックスや癒しの効果に優れています。

あと、ヒマな時は歩きに外に出ます!私の場合、ワンコと暮らしているので、散歩しながらウォーキングです!その時はウエストがくびれるように腰を捻るようにします。

毎日続けてずっと美しくいたいですね。